2015年01月11日

独裁者 記録-2

いやいや、大変ご無沙汰をしてしまい
失礼いたしました

何分、長男の受験と
私が会社で昇進してしまったことが重なって
あれやこれや、どたばたしていたものですから…

そうですね、前回はあの方が
世界を改革する宣言をされたところまでお話ししましたので
今回はその続きを記録させて頂きます

実は、私があの方と関わりを持ったのが
あの宣言の次の日だったのです

今ではお役御免になっていますので
こうして記録にご協力できるのですが

あの日、私は会社に出勤して
いつものようにお得意様廻りに出かけたのです

行く先行く先で、出る話題といえば「宣言」のことばかり
ちっとも商談にならないので、早やお昼にしようと
ランチのあるお店を探したのです

こんなところにも新しいエスニック料理屋ができたんだ
と、思ってお店に入ったのですが

そこがあの方の情報収集端末だったのです

ふわ〜っと湯気のような、スモークのようなものが漂っていて
どこの国のものとも分からない音楽が静かにかかっていて

紫色っぽい、ぼんやりした照明と
薄緑色のテーブルと滑らかな曲線の椅子がありました

変わった趣向のお店だなと思いながら席について
メニューを手に取ったとき

あの方の呼びかけが聞こえたのです

《ようこそ日本人Sよ わたしは唯一のものである》
《お前からこの星の支配種族の抱える問題を収集する》

そして、私の頭にいろいろな[考え]が流れ込んで
そうです、流れ込んできたのです

紛争を起こしている世界のこと、絶滅しそうな動物たちのこと
温暖化、原発、あの国この国との問題、会社の業績、通貨のこと

今月の支払いのこと、子供の将来のこと、私たち夫婦の将来のこと
このところのコレステロール値のこと、通勤の道で見かけるホームレスのこと

ご近所のピアノレッスンの音のこと、犬の糞のこと、庭木に毛虫が発生していること
さまざまな私が抱えている[問題]が、[考え]の流れに乗るように湧き出て…

私が目を覚ますと、寂れた公園のベンチで
小学3〜4年生くらいの子が二人、興味津々な表情で
少し離れたところからこちらを見ているところでした

私の脳に残っている置手紙(のような[考え])によると
全地球人73億人の百万分の1から、地球人の抱えている問題の抽出を行ったこと

人種、年齢、性別、学習歴、職業、体力、体格、趣味嗜好…
あらゆる要素を万遍なくミックスさせて情報端末としたことが記憶されていました

そして、千日24,000時間の間は
誰にもこのことを漏らさない方が良い、と

私は、あの[考え]が私に流れ込んできたときの安心感と
自分の中から[問題]が流れ出していたときの爽快感を信じて
その通りにすると誓いました

次の日のニュースで
各国のコンピュータにサイバー攻撃がしかけられ(というより機能ダウンし)て
金融の流れが大きく変化(投資金データの勝手な移動)したこと

各国の軍隊が命令・統率機能を大幅に損なった(伝令や手旗信号のみの連絡)こと
核分裂作用が起こらなく(原爆も原発も)なったことがテレビで
NETで伝えられました

次は、その後何が起こって、それに私がどう関わっていったのかを
お話ししようと思います
ひとまず、これにて失礼します
posted by Bee at 11:48| Comment(1) | TrackBack(0) | 小説