2016年05月21日

ゾンビ蚊

今にして思えば
あのキャンプ場に行ったのが
災厄の始まりだった

そのキャンプ場は
きれいな谷川のほとりにあった

谷川の上流には古びた洋館があって
その館に百年も前から
住んでいる黒髪の年寄りが居て

その年寄りが大きな椅子に深く腰掛けて
ゆっくり齧ってるものが、先週行方不明になっていた
中年のハイカーの腕だということも

その年寄りの首筋に一匹の蚊がとまって
老人の血を吸ったことも含めて

ずっと下流でキャンプしていた僕らは
もちろん、全然、全く、一向に知る由もなかった

キャンプを引き払って
僕ら一家がワンボックスカーで出発するとき
締める直前のドアから件の蚊が入ったことなど

もちろん、知るはずもなかったし
知ったところで、気にも留めなかったろう

それから数日が過ぎ
会社で大きな案件の成約を果たした僕は
部長の肝いりの祝勝会で、しこたま飲んで

やっと帰り着いた我が家のベッドで
妻に手伝ってもらって着替えてぐっすり寝入っていた

夜中に喉が渇いて
冷蔵庫の水を飲んで
再び心地よい眠りの世界に戻ろうとした時

耳元で
あのおぞましい〈ぷ〜ん〉という音が聞こえた

それから、眠りに落ちようとすると
待っていたように〈ぷ〜ん〉と音がする

何度か、顔や耳の辺りに来た気配を狙って
平手でぱん、と叩くのだが

いっこうに音は止まず
結局、酔っていたこともあり
ふとんをかぶってなんとか寝入ってしまった

それから、毎晩
〈ぷ〜ん〉という音がつきまとい

何度かは電気を点けて
真剣に蚊を退治しようとしたが
どうもうまくいかない

一度は確実にやった、と手応えもあったのだが
暗くしてしばらくすると〈ぷ〜ん〉とくる

妻に訊くと
あたしもやられたわ、と云う
子供もどうやら悩まされているみたいだった

それに
刺された後が、どうにも痒い
ものすごく、と言ってよいほど痒い

いよいよ真剣になった僕は
会社の帰りにドラッグストアに寄って
電気蚊取り器の新型と、ラケットみたいな蚊取り器を買った

その夜、何度目かの攻防があって
ラケット型の微量電流で蚊を倒す道具に
パチッと当てて、確かに撃墜したはずなのに

床に落ちた蚊が
再び飛び立ったのを見て
妻と顔を見合わせた

「え〜っ、確かにやっつけたよなぁ」
「わたしも見たわ。まみちゃんも見たよねぇ」
一家で確かに、彼の蚊の最後を見たはずなのに…

奴は確かに飛んでいる
空気が悪くなるのも承知で放った殺虫スプレーを浴びても
蚊に刺されたほどにもない、って感じで飛んでいる
*
*
我が家に安眠がほぼ無くなったある日
寝不足でつい会議中に欠伸をしてしまったところ

僕につられて、部長も課長も
同僚のT君もM代さんも
皆、欠伸

言い訳がましく、実は毎夜
と、話した僕に皆相槌で
どうやら、最近、どこの家も蚊に悩まされているらしい

なかには、T君のように
見事両手でしっかり叩いた蚊が
なんてことないや、ってな風に飛び去ったのを見たケースもある

やがて、朝の情報番組でも
夜のでも、日曜日のでも
『やっつけても死なない蚊』が話題になってきた

どうやら、変な病気は媒介していないようだが
それも時間の問題だという

どうやっても死なない蚊は
そのうちWHOにも着目され
日本が、その発生国と断定され

各国から恐れられることとなっていった
経産省の来年度の日本への観光来訪客は前年度より
大幅に減る見込みで、各観光地では頭を悩ませているようだ

しかし、刺されてものすごく痒いのも嫌だが
なによりあの〈ぷ〜ん〉という音がとっても気に障る

*

やっつけても死なない蚊のご先祖が
どこかのキャンプ場を流れる谷川の上流にある
古びた洋館からやってきて

そいつが刺した人間の血を、次に吸った蚊が不死になる血を
次から次に拡散しているってことを

もちろん、全然、全く、一向に知らなかった僕らだった
posted by Bee at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説

2016年05月16日

思い通りの人生

子どもの頃は
ほんと、パッとしない子だったんだ

高校2年の秋
嫌でしょうがなかった運動会のクラス対抗リレーで

ほかのクラスの走者が次々転んで
僕のクラスが優勝しそうになった時

いつも嫌味ばかり言うあいつが
最終走者で僕のバトンを受けて走り出した時

あいつまで見事に転んじまって
結局、クラス対抗バトンリレーが不成立になった

僕は、僕の思い通りになったことを
こっそり喜んでいた

大学受験の時も
問題用紙に載っていた設問は

ほぼ僕のヨミ通りで
普段それほど成績の良くなかった僕が堂々の合格

先生もクラスメートも
両親までもがあきれながら喜んでくれた

大学を卒業して憧れの一流商社に入社
海外に出張すれば大型案件を次々に成約

僕の人生は順風満帆だったが
ただひとつ思い通りにいかなかったのが女性とのロマンス

上司や取引先からの縁談話は山ほどあったが
心ときめくラブロマンスなんてなかった

気が付けばアラフォーも間近になった頃
すでに手に入れていた都心のゴージャスなマンションから夜景を眺め

この世に僕以外の男がいなくなったら
さぞかしモテるだろうに、と思ったんだ

翌朝、出社のために駅に行くと様子がおかしい
大勢の通勤客で改札が大混雑

慌てて、のぼせ上がっている駅員に声をかけると
その女子駅員は、電車の運転士が不足しているので間引き運転中です

と、甲高い声でアナウンスしている
気が付くと、説明を求めて駅員に詰め寄っている客も女性ばかりだ

どうにかこうにか会社にたどり着くと
社内も女子社員ばかりで、僕を見る皆の視線が凄まじかった

食品部のO部長に呼ばれて部長室に行くと
繊維部のT次長がいた。どちらもやり手の女性上司だ

貴男は、なにか変ったことないの?とO部長
T次長は、いやにしげしげ僕を眺めている

別になにもありませんが、今朝は電車が全然来なくて出社が大変でした
と、答えると、それは私たちも同じだったけれど…、と二人が口を揃える

テレビを観ても、ネットを開いても
男性がいなくなって、どこも大変になっているようだ

結局、その日は仕事にならず
早々に退社した

しかし、マンションに帰る途中でも男性は僕ひとりのようで
すれ違う女性の、なんとも言えない好奇の目に芯まで剥かれるようだった

夜のテレビ番組は、軒並みその日の怪異を特集していて
それによると、75才以上か6才未満の子供を除く男が消えてしまったようだ

まだ、その時点では、ふ〜ん、成人男子が僕ひとり、ってことは…
なんて、呑気に構えていたんだが

ただ一人の男、というのは辛いもので
モテまくり、と思ったが、女性同士の静かな牽制合戦が、いたたまれない

僕がどうやら唯一の成人男子だということが世間に知れると
厚労省の局長だという女性官僚が職場にやって来て

国家のために、貴男の健康と安全を保護させて頂きたい
と、言う

要するに、狙いは僕の生殖能力だろう、と踏んでそう答えると
にっこり笑って、ご理解ありがとう、とのたまうではないか

彼女曰く、この国を維持するために僕の協力が必要だとのこと
国を挙げて貴男を守るので、安心して欲しい

僕の協力が得られないと
海外から導入しないといけない、と切々と訴えてくる

その場は、なんとかごまかしたものの
帰りには遠巻きにSPらしき人影が5人ほど見え隠れしている始末

どうにか僕はその運命を受け入れ(というか、受け入れざるを得ず)
毎日毎夜、複数の女性たちのお相手をすることになった

僕を管轄する(新設の)種保存庁の方針で
日中はできるだけ美味しいものを食べて

3時と9時にアレの採取
もちろん、どちらも僕の好みの美女付きで

つまり、男は気分が第一で
そこを損ねると、採取品のレベルが落ちる、という理論だそうだ

そうこうしているうち、まだまだ若い部類の僕は
SPの中のひとりと、恋に落ちてしまった

彼女の切ない愛が、僕の心に力を与え
ある夜、僕は思ってしまう

この世に彼女さえ居れば…
posted by Bee at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説