2018年02月08日

第13星系区管理官 ジュブブ モノローグ01

この星系に赴任して100公転周期を経た
一定の文明レベルに達したこの惑星の支配種族が

第077宇宙の一員に迎えられるかの最終審査の審査官として
官は多くの複数課題案件を抱え多少混乱していることを認めざるを得ない状況にある

この惑星の生命体の多くの進化手法は
疑似分裂と融合を繰り返す“分裂融合型”増殖によって時間分子変化を行っている

具体的には遺伝子割譲体と遺伝子受容体の2種の交配による増殖が高等生命体の主流を成している
さらにこれまで最高等生命体(彼らは自らを人類と称する)においては

この増殖法を積極肯定する行動指針を執りその行動総称を“恋”と呼び
その状態から派生する同胞関係第一主義を“愛”と称している

“恋”の時間的維持期間は短い(なかには1公転周期を待たないものもある)が
“愛”という感情浸食期間はまことに不規則で瞬間的なものから生命体消滅まで維持する場合もある

我々のような“純融合型”進化生命体においては理解困難なこの惑星の最高等生命体(以下人類)の
まことに珍奇な行動データを記録し後任の円滑な状況理解に寄与したいと結論し記すものである
posted by Bee at 13:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説