2019年04月18日

ランボー超人Bの物語 その2朝が来た

ぱちっと目が覚めた
いろんな朝の音が耳に飛び込んで来たが、大事じゃないと思った音は次々ボリュームダウン

なんだかものすごく腹が減っている
冷蔵庫を開けて牛乳の1gパックを取り出してそのままがぶ飲み

食べ残してたバタールをぱくぱくぱくっと食べ切ってしまって
牛乳も飲み尽くし、まだなにかないかと冷蔵庫を開けマーガリンがあったんで、それも食べてしまう

急にエネルギー満タンになった気がして、気持が落ち着く
テレビのリモコンを、壊さないようにそっと操作してニュース番組を観ることにした

S市で子供が軽トラにはねられて重体というニュースに続いて
M市のアパートで火事があって82才と79才の夫婦と連絡が取れていないというニュース

折角俺がスーパーマンになったってのに、これじゃぁしょうがない
だって、起きてしまったことを知ったってどうしようもない

こりゃあ、事件が起きる前に、そこにいることなんてできないんだから
事件や事故は、よっぽど運がなけりゃ防げないんだ、と俺は納得した

だが、これで引き下がったんじゃ超人になった甲斐がないってもんだ
じゃあ、確実にある“悪”を叩き潰せばいいんだ

確実にある“悪”って言えば、暴力団とか汚職政治家とか、外国の独裁者かな
てなことを、ぼんやり考えていたが、気が付くと時計は8時を過ぎている

いかん遅刻だ、と、どっきりしたけど、そうかもう超人なんだ
空を飛んで行けば間に合うし、いやいやもうあんな会社辞めたっていいんだ、とほっとする

だけど、いいのかそれで、という俺もいる
どうやって超人で食っていけばいいんだ

なにができるか、まだよく分かってないんだから
とにかく性能テストして、それから金を稼げそうな仕事を始めたらいいんじゃないか

そうだよな、映画のもテレビのもマンガのヒーローも
なんとなく活躍してるけど、そりゃうまく相手が出て来てるからで

まず相手探しから始めなきゃいかん俺とはちがうもんなぁ
都合のいいナントカ戦隊本部だって、現実にはある訳ないし

ということで、まずは普通に会社に行くことにした
普通に満員電車に乗ってだ
posted by Beeまたの名は熟年のK at 11:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説

2019年04月09日

ランボー超人Bの物語 その2

アパートに帰るったって、そこは折角超人になったんだから
ぴゅーっと空を飛んで帰るよね、フツー

だけど、さすがにこの格好じゃ変だろ、って俺は思ったんだ
だって会社帰りに飲んだ後だもん、リーマンまんまじゃん

これで空飛んでたって、変な奴にしか見えんだろ
やっぱ、これから先、超人として活躍して有名になる予定の俺だからさ

だもんで、走って帰ることにした
さっきのトイレぶっ飛ばし事件みたいな、スピードの出し過ぎにはくれぐれも気を付けんといかん

まずはスローに慣らし運転で走ってみた
出る出る、ゆっくりめの積りでも、走ろうとするとスピードが出ちゃうんだ

まるで、ぐるぐる回転する脚の上に乗って走ってるようだ
それで住宅地を抜けて、国道に出た

ここなら大丈夫、と思ってスピードアップすると
あっと言う間に先行して走っている車に追いついて、追い越しちまう

乗ってる奴のびっくり顔が、8K並みにくっきり見える
ドライブレコーダの画像、後でNETに上がっちゃうかもな

ま、しょうがない
超人になるってこたぁ、そういうもんなんだよなって、自分で自分に言う

アパートのドアを壊さないようにそこに気を付けて、部屋に入る
電気点けなくても、部屋の中ははっきり見えてる

ベッドに寝転がる時も、その前に部屋着に着替える時も、力の加減を調節するのが大変だった
超人になったら、とにかく慌てないこと、焦らないことが肝心だなって、これが1日目の教訓だな
posted by Beeまたの名は熟年のK at 15:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説

2019年04月07日

ランボー超人Bの物語

ある日、宇宙人(地球人じゃないと思うよ)の時空滑走機ってのに
出合頭に衝突され、時空警察(?)に訴えないことを条件に、超人にしてもらった俺

入社して6ヶ月の外食チェーンの店長見習い(正社員採用だったんで)の前途に
なんの未来も感じてなかった俺は、渡りに船と(この表現〇だよね)超人人生を選択したのさ

超人化は、宇宙人の時空滑走機の中で行われたんだと思う(超人化OKしたらすぐ気を失ったんだ)
頭がはっきりしたんで、Gショックを見たら23時17分で止まってた(スマホは充電切れになってた)

居酒屋チェーンで飲んで、本部の上司のくだらん説教からエスケイプしたのが10時ちょっと前で
それからコンビニで缶ビール買って、どこかのちっちゃな公園のベンチで飲んで

パトロールのお巡りさんが来るのが見えたんで、慌てて公園から出ようとしたら何かがぶつかった
なんで公園の中に車!?と思ったのは一瞬で、どんとその場に倒れちまったそのとき

『この時間帯のこの場所に決して惑星人などいないはずなのに…』ていう女?の声がしたよ、確かに
なんだぁ、と反射的に思ったけど体は動かず、視界が赤くなってたから出血してるみたいだった

どうもすみません…みたいな声が頭の中に響いて、俺は、いいから病院に連れてってくれ、と思ったんだ
で、それは無理だけどお詫びにこの惑星住民の基準からしたら、超人みたいにするから

それで許してな、みたいなこと言って、もう気を失いそうな俺が
なんでもいいから助けてくれよ、とか思ったとこまでで、記憶が途切れてるんだ

こうして、両足でしっかり立つことができて、肩も腕もぐるぐる回せるし
体調もいいみたいだから、まあいいか、と

で、ちょっと軽く走ろうとしたら、すんごいスピードが出ちゃって
コンクリートのトイレにぶつかっちゃって、しかもそのトイレをぶっ壊しちゃって、まだ走る

慌てた俺は急ブレーキ、って言うか立木のところで急停止さ
だってそうしないと、公園の外に並んでる住宅に突っ込んじゃいそうだったもの

落ち着けよ俺、と3回くらい唱えてから、辺りを見廻したら
さっきのトイレの破壊音がでかかったんで、そこらじゅうの家の犬は吠えるは窓が開く音がするは

パトロールのお巡りが無線で話す声はするは、とんでもない大騒ぎになったんで
俺はびびって、とにかくここから逃げたい、って心底思ったんだ

それで、思い出したのが俺は超人にしてもらった、ってこと
じゃぁってんで、半信半疑夜空に向かって飛び上がってみたら、飛べる飛べるぐいぐい飛べる

ぴゅーって飛べて、むちゃくちゃいい気分だよ
どうも目も耳もよくなったみたいで、注意して視たい聴きたいとこを意識すると、全部わかっちゃう

そうなんだ、空から見下ろすと、この町の小ささが分かるね
とりあえずアパートに戻って、この先の人生でも考えよ、ってご機嫌中の俺ってわけ
posted by Beeまたの名は熟年のK at 13:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説