2019年06月20日

ランボー超人Bの物語 その2痴漢退治B

(彼女も含む)皆の視線に晒されて、居場所が無くなった俺は
乗客の手元にスマホが何台も出現するに及んで、もう逃げるしかないと覚悟した

それと同時に、車内の皆の動きが急にゆっくりしたものになった
それこそ、超スローモーションで動いてるんだよ

これは、俺が超スピードで動いてるからだ、とわかったね
漫画の超人やヒーローは、これができるんだ

ということは、確か俺が素早く動けば、連中には姿が消えた、としか思えないはず
で、俺は勢いよく飛び上がってみた、さっきの思いつきを試すことにしたんだ

ジャンプした瞬間、いろいろなことがさぁーっと頭に浮かんだ
そうだ、俺は超人になったようだが、なんだかんだで、まだ空を飛んだことが無い

まあ、イメージはあるんだが、大丈夫だろうか、とか思った次の瞬間
バコーッみたいな音がして、俺は電車の天井をぶち抜いて、屋根もぶち抜いて

その上にあった電線もぶち切って、朝の大空に飛びこんだんだ
空中で止まるのも案外簡単で、全力で走り出しても、止まりたかったら止まれる、みたいなもんで

どうだろ、200mくらいの高さで空中浮遊できてる
下では乗ってた電車が、5〜600m先に急停車している

架線が切れてるから、停電で電車が止まったかも知れない
となると、こりゃオオゴトになりそうだ

責任なんて取れっこない俺は、下の連中から見つからないうちに、一気にもっと高い処目指して
急上昇することを選択したのは、まあしょうがないよね
posted by Beeまたの名は熟年のK at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説