2019年08月25日

ランボー超人Bの物語 その4 目指せ怪盗?A

夜が明けても、なにかヒントになる夢なんて見たか、思い出せなかった
結局、場所も分かっていて、盗んでも世間の批判を浴びないとこって言うと

あの職業の方たちの事務所か、悪いことしてそうなブラック企業さんか
俺的にはきっと悪いことしてると思える政治家さんや、お役人さんならいいかな、って思った

まあ、他にもいろいろあると思うけど、民衆的にはOKでも、法律的にはあかんだろな
とにかく、かっこ良く決めて、世間を敵にしないことだな、ポイントは

となると、後はやり方が問題だよ
超人の腕力で、金庫なんかを強引に持って来ちゃうのはNGだろ

それに、怪盗だったらあるあるの“変装”だって、戦隊ものやアニメみたいなのは
素人の俺には、絶対無理っぽい

服は、用意した〇ニクロのはコンビニ強盗に間違えられそうだから、やめ!
リサイクルショップで、パーティ用のド派手な衣装を買う(ついでにマスクも!)

肝心の参上先のうち、あの職業団体さんはググったらすぐに出て来た(大手の本部だけど)
住所も出ていて、随分便利だ

ブラック企業のリストも載ってたけど、働かせ方が過酷なだけなのかも
実際はもっと悪いことをしているところがあったら、不公平になるし

政治家とかお役人とかになると、もうさっぱりわからない
悪そうなのが、案外真面目に働いてるとかもありそうだしな

…あーっ、もうめんどくさい!
怪盗はやめやめ、超人パワーでどこか1個やっつけちゃって

テレビの取材が来たら(来なかったら押しかける)、それで全国に呼びかけよう
「警察では対応できない“悪”は、任せてもらう」みたいな感じでいこう

「活動費は、悪から頂くので、ご依頼料は無料です
あなたの知ってる“悪”教えてください、ご連絡はこのテレビ局へ」なんてね

あとは、テレビ局と相談、だな
なんだか、これでいける気がしてきたぞ
posted by Beeまたの名は熟年のK at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説