2019年09月09日

ランボー超人Bの物語 その5 俺はランボー超人だーっA

飛べることに有頂天になっていた俺は、急に不安になった
誰かに見られたんじゃないか!、と

まあ別に、見られたら見られたで、いいっちゃいいんだけど
こんなアパートから飛び出した奴が、テレビで『“悪”はまかせてもらう』なんて言ってたら

なんだかがっかりちゃうもんなぁ、俺だったら
まあそんなこと、うじうじ考えてたってしょうがないから、ちゃっちゃっとやっつけるか

思い返すと、俺が窓から飛び出したのは大体45度くらいの角度で、空に向かって
10秒くらいしゅーっと上昇した処で一旦止まると、下の家や中学のグランドが随分小さく見えた

多分4〜500mくらいの高さだろうな、と実家に帰ったとき乗った飛行機の記憶が蘇る
わざわざ空を見上げてなけりゃ、俺が飛んでることなんて気が付きっこないな、って安心した

上から見ると建物の特徴や、案内表示なんて見えないので、どっちがどっちかちょっと迷ったが
いつもの駅が見つかったので、あとは都心に向けて線路伝いに東方向に飛ぶことにした

この辺りは米軍基地もあるので、結構航空機も飛んでるから、一応それらにも気を配って
1000mくらいと思われる高さで飛ぶことにした

ところで俺の飛ぶスピードだが、これが結構出るんだなぁ
軽く跳んでる積りだが、下の方を走ってる車や電車なんかは、すいすい追い抜けちゃうんだ

大体の感じで時速200qってとこかな
もちろん、もっとスピード出せる気がするんで、ジェット機くらいの速度はいけるとみたね

で、直線で30qだから、30÷200で9分くらいで目的地に着くはずだけど
実際は、探しながらとなるとそうスピードは上げられないと踏んだ

少し飛ぶと、緑の多いいかにも公園らしいところが見える(多分、小金井公園だ)
そのうち、南の方にもう1本はっきりした線路が見えて来た(中央線だな)

井の頭公園も見えてきたので、そろそろ吉祥寺辺りだ
ここからは、中央線を目印に飛ぶことにして、人も多くなるからもう少し高度を上げる

中野の明大校舎を過ぎると、高い建物も徐々に増え、もうすぐ新宿なんだと、なんとなくわくわく
やがて、中央線がぐーっと南にカーブする辺り、都庁や高層ビル群が見え、俺はさらに高度を上げた

じきに大きな川らしきものが見えて来た
となると、この辺りが市ヶ谷なので、大きく右旋回して南下する(Gマップで調べといたんだ)

念のため、ぐっと高度を上げると、皇居らしき森が見える
目的地は、ここから真南くらいのところにあるはずだ
posted by Beeまたの名は熟年のK at 11:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説