2016年06月12日

米銃の祝い 【BSS】

暖かい日
過ぎた日々の思い出に胸が切ない

最近、涙が良く出る
締りがなくなったのは涙腺だけでなく

あっちもこっちも、だ
年は取りたくないもんだ

なんて、言いたくないのに
すぐ口から出る

こっちも締りがない
おや、誰か呼んでるみたいだ

インターフォンの調子が良くなくって
こっちで画面を確認できんのでしょうがない

玄関に行って「はい」と返事する
「入りますよ、Tさんですね」

ドアが開く(鍵かけ忘れてた!)
お巡りさんらしき制服の男が立っている

「はい、どなたです?」
「あっ、Tさんですね。私、駅前の交番から来ました」

こういうものです、と言いながら身分証を見せる
どうせよく見えないが、それらしいので首を縦に振る

「おめでとうございます、Tさん。今度88才になられて」
「あぁ、はい、そうですか」

そうか、私はもう88才になったのか
今朝、スマホが鳴っていたのは、息子か孫か

「それで、昨年からですね、政府から88才になると
こうしたプレゼントが贈られるようになってまして」

なにやらきれいな包装紙にくるまれた菓子箱、のような
へぇ〜、これが国から、私に?

「一応、こちらに受領のサインを頂いて。Tさん、お一人住まいでしたよね」
「ええ、息子は離れて暮らしてますし、家内は先に逝ったもんで…」

「それは、お寂しいでしょうね」
「ええ、まあ、慣れたと言えば慣れましたけど」

「それでは、プレゼント、ここに置いておきますからね。失礼しました」
プレゼントの箱を置いて、なんだかそそくさと帰っていく

手に取ってみると、そこそこ重い
軽く振ってみるが(ケーキのたぐいではなさそうだから)音はしない

取りあえず、頂きものなので仏壇に持って行って
女房に報告する

それで、忘れてしまって
翌朝、仏壇の水を換える時に気付いた

なんだっけ?と思いながら手にして
ああ、昨日お国からもらったやつだ、と思い出した

ダイニングに持って行って、包装紙を丁寧にはがしていく
黒い厚手のボール紙の、きちっとした箱が出てきた

しっかりした箱の造りで、なんだか高そうな贈り物だな
と、久々にわくわくしてくる

蓋が開くと、中に白いきれいな布に包まれたものがある
布をそっとはがしていく…わくわく

なんと
銃だ

黒いピストルが入っている
モデルガン?

小さな封筒も入っている
開けてみる

『T様 米寿をお迎えになりおめでとうございます
このたびお贈りさせて頂きましたのは、米国製ベレッタモデルガンと申します』

『日頃、お寂しい日々を送られている皆様には、なにかとご不便
ご不満をお感じと思い、米寿とかけてこの贈り物をお届けしました』

『こちらは、政府にて特別に認定したモデルガンでございます
ほぼ本物と同じ能力があり、日頃のご不満の対象や、ご自身に向け、1回に限り』

『ご使用頂けますので、熟考の上ご利用頂ければ幸いです』

なるほど、政府の新しい高齢化対策ってこれか!
その手には乗らんぞ、と思いながら手に取って感触を確かめている、私
posted by Bee at 15:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/175667770
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック