2019年09月03日

ランボー超人Bの物語 その5 俺はランボー超人だーっ@

それで、早速アノ職業の方たちのリストをググって、手近な都内大手系の組をGマップで探した
大手の組本部は、意外に都心にあったが、近くにテレビ局がある方が便利に思えたので、そっちに決めた

それに、もう一方の組本部は目抜き通りらしい処に立地しているようだから
暴れてる最中に、人が集まって来たりしたら、怪我する人も出ちゃうかも知れないし…

そうと決まれば、いじいじ考えてなんかいないで、即行動あるのみだ
スー〇ーマンみたいな衣装を用意するのはムリだから、ジーパンと赤Tシャツでいいか

俺の住んでいるアパートから、Gマップで見ると都心の組のビルまで直線距離で約30qくらいある
いよいよ本格的超人デビューなんだから、今回は空を飛んで行くつもりだ

ただ、飛んで行って突然ぶち壊しに来ました、って言うのもなんかなぁと思う
別にあの人たちに何かされた訳じゃないし、家族や親せきが迷惑受けてもいないのに

暴れこむ理由が、欲しいかなぁ
世間のレッテルだけで、ぶっ壊しに行っちゃうってのはどうもなぁ…

行けば、当然抵抗して来る組員の人たちを、殺しちゃわないようにするつもりだけど
大怪我くらいはさせるかもだし、部屋とか設備とか、マジ建物だって壊しちゃうかも知れないし

ならやめとくとか言ってたら、折角超人になったって、ご飯食べることもできないんだしなぁ
しょうがない、じゃあ行くか

まだ昼飯前だけど、やらなきゃいけないことは即やる!とか言ってたサブ店長の言葉を思い出し
アパートの窓を開けて空に飛び上がる

どうやって飛ぼう、と思う間もなく飛べてしまう俺に俺自身が驚いた
窓枠に片足をかけて、えいっと空中に飛び出すと、そのまま体が浮いて飛び出した角度のまま進む

一番近い感覚は、プールで壁面を蹴ると、体が水中を進む、あの感覚
でも、ふぃーっと力を入れるとスピードが上がるんだ

スケートのあの感覚かな
とにかく、出そうと思えばいくらでも増しそうなスピードを、コントロールできるようにしないと
posted by Beeまたの名は熟年のK at 11:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186471655
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック